小顔矯正でコンプレックスを解消しよう|理想のフェイスライン入手法

医者と看護師

理想を叶える施術

相談

原因別にアプローチします

古くから美容外科の定番の施術となっているのが、顔の整形術です。現在では小顔を目指す女性が非常に増えており、美容外科でも様々なアプローチで施術を行なっています。小顔を希望する女性は、少なからず顔の輪郭やボリュームを気にしている場合が多く、美容外科医はカウンセリングなどを通じて問題が生じている原因や理想的な顔立ちを探っていくのが一般的です。ボリュームを感じてしまう顔立ちの場合、考えられる原因が幾つか挙げられます。例えば、生まれつきの骨格の問題です。実際、頬骨が目立つと顔のサイズが大きく見えてしまうことが少なくないと言えます。また、頬や顎についてしまう皮下脂肪も顔のボリュームをアップしてしまう一因です。このような状態にさらにたるみが加わると一気に太った印象を与えてしまうことが考えられます。美容外科の整形術では、このような個々の原因を押さえた上で小顔になるためのアプローチを提案します。骨格に問題がある場合には骨を削る施術が一つの選択肢です。この手の治療は全身麻酔や入院が必要になり、回復までの期間も長期化するのが一つの特徴となっています。一方、皮下脂肪やたるみなどが原因の場合は、ヒアルロン酸の部分的な注入やたるみを除去する施術で比較的短期間に小顔になることが可能です。筋肉の張りに効果があるボツリヌス菌注射も昨今の美容外科では実施されており、工夫次第で負担の少ない整形術が受けられます。小顔は顔立ちをよりシャープに見せられることから、近年特に人気です。

能力や技術が重視されます

小顔を作る整形術では、場合によって様々なパーツに手を加えることが必要です。理想とする顔立ちをイメージして各パーツを調整していくため、複数の施術を組み合わせることも増えています。こういったケースでは、初回のカウンセリングの時点での医師の判断が非常に重要です。本人の意思を的確に把握する洞察力が求められるのはもちろんのこと、問題の原因を掴んでベストな方法を提案する力が必要になります。施術に伴うリスクや費用、ダウンタイムなどに関しても本人が納得のいくまで説明をする責任が発生するのが常です。従って、小顔の整形術においては医師の能力や技術が今後は特に重視されていくと見込まれます。これからは臨機応変に対応出来る柔軟性が期待出来る美容外科が、小顔を目指す女性にとって頼れる存在です。最近では、美容医療でも負担の少なさが重視される傾向にあります。ですので、本格的に小顔を目指す場合でも、より簡易な選択肢を合わせて提示することが医師側に求められる対応です。手軽に出来る施術は概して持続期間が短いという問題がありますが、こまめに施術を繰り返すことで、良い状態を長期に渡って保つことが可能となります。このようなスタイルは、一度に発生する費用の負担が抑えられるのも一つのメリットです。方法によっては後にやり直しや元の状態に戻すことが出来ます。そのため、万が一の失敗を余り気にせずにトライしやすいのが魅力です。整形術のアプローチが増えていることで、現在では様々な方法で小顔が目指せます。

Copyright© 2016 小顔矯正でコンプレックスを解消しよう|理想のフェイスライン入手法All Rights Reserved.