小顔矯正でコンプレックスを解消しよう|理想のフェイスライン入手法

医者と看護師

顔を小さくする方法とは

医療

セルフケアの内容

顔が大きすぎるという悩みを抱えている人が想像以上にたくさんいます。その証拠に、インターネット上では、小顔効果があることが謳われたサプリメントや美容クリームがたくさん販売されています。商品によっていい値段がするものはありますが、美容整形クリニックで小顔治療を受ける場合に比べるとはるかに安上がりになるため、結構よく売れています。ですが、インターネット通販で購入できるサプリメントや美容クリームを続けて使用するとなると、その分お金が必要になってしまいます。また忙しい主婦や仕事をしている人だと、スキンケアになかなか時間を費やすというのも難しくなってしまいます。また綺麗になりたいという気持ちが強すぎて、化粧品のクリームを顔にすり込んだり、過剰なマッサージを施したりしてしまうと、肌の老化に拍車をかけてしまうケースも考えられます。肌がたるむと顔が大きく見えてしまいますので、逆効果になる可能性が高いです。ですので、確実に小顔になりたいと希望している人は、セルフケアに頼るのではなく、美容整形治療を利用するようにした方がいいでしょう。いまはアンチエイジング治療や美白治療などに加えて、小顔になりたいという人のための治療が行なわれています。

治療の方法

美容整形クリニックは、様々な方法で顔を小さくする治療を行っています。体は痩せ気味なのに、顔だけは脂肪がついて大きくなってしまっているという人がたまにいますが、美容整形クリニックを利用すれば、顔だけをピンポイントで痩せさせることができます。 顔に余分な脂肪がたくさんついている人に効果的なのは、脂肪溶解注射を打ったり、高周波を照射したりする方法です。また、顔に吸引管を挿入して、脂肪を直接吸い出してしまうという方法もあります。脂肪溶解注射を打つと、その部位に存在している脂肪細胞が破壊されます。破壊された脂肪細胞から漏れ出した脂肪は、リンパの流れに取り込まれ、少しずつ体外に排出されていきます。したがって、注射を打った直後に小顔効果を実感できるわけではありません。しかし、少しずつ自然に顔が小さくなっていきますので、周囲の人に美容整形の利用を気づかれてしまう心配がありません。自然な形でシャープになることが出来るのが魅力でしょう。また高周波を照射する治療の場合も、脂肪溶解注射とほぼ同じような治療効果を得ることができます。 一方、脂肪吸引を受けた場合は、少々事情が変わってきます。脂肪吸引は、先程も言ったように、脂肪が気になっている部位に吸引管を挿し込んで、余分な脂肪を物理的に除去してしまう方法です。そのため、治療効果に即効性があります。ただし、吸引管を挿し込む入口を作るために、メスで皮膚を切開します。簡単に言ってしまうと顔に傷跡が残ってしまう方法ですので、この方法を小顔治療の際に採用する人はそう多くありません。 ちなみに、これらの方法以外に、顔の骨を削る方法や、ボトックス注射を打つ方法などがあります。様々な治療方法があるので、予算に応じて選択していきましょう。またどういったメリットや注意点があるのかなど、医師と相談しながら決めていくことも大切です。

Copyright© 2016 小顔矯正でコンプレックスを解消しよう|理想のフェイスライン入手法All Rights Reserved.