小顔矯正でコンプレックスを解消しよう|理想のフェイスライン入手法

看護師

顔を小さくするための手術

ウーマン

むくみを解消するメリット

インターネットで小顔を検索すると、小顔にする様々な方法がヒットします。それだけ女性にとって関心が高いのです。現状で顔が大きく見える場合、2つの方法で小さくすることができます。マッサージなどで顔のむくみを解消する方法と、整形によって実際に小顔にする方法です。人間には生まれ持った骨格というのがありますから、それを削ることでしか小顔を実現することは難しいのです。この点を踏まえた上で、整形以外にどのような方法で顔を小さくできるか考えてみた場合、生活習慣を見直すことが大事になります。まず気をつけたいのは、血流を悪くするような生活を改善することです。例えば一日中デスクワークをしている人は、姿勢が悪くて運動量が少ないので血流が悪くなります。血流が悪くなると体内の老廃物を排出することができず、顔にむくみとなって表れてしまいます。同じことは湯船に入らないでシャワーで済ます人にも言えます。身体を温めることで体内の代謝を促進することができるのですが、シャワーだけの人は代謝が上がらず血流が悪くなるのです。顔にむくみを生じさせないためには、適度な運動をして、常に姿勢を良く保ち、湯船にしっかり浸かることが大事です。また血液やリンパの流れを良くするためには、顔のツボを押すことも効果があります。顔には8つのツボがありますが、代表的なものは眉間の中央や小鼻の外側のくぼみなどです。このようなツボを入浴中に指で押すだけで顔のむくみを解消することができます。また体液の流れを良くするためには、前後に水分をしっかり取ることも必要です。

骨削りで半永久的な効果

生活習慣の改善やツボ押しは二次的な効果しか出ないので、むくみを解消するには適しています。しかしそれでも小顔効果が実感できない場合は、整形手術によって根本から小さくする以外に方法はないのです。実際にどのような手術が行われるかというと、人気があるのは脂肪吸引です。顎や頬についている余分な脂肪を溶解液の注射によって溶かすのです。これは肌を傷つけずに簡単に脂肪を除去できるので、即効性があります。また日本人に多いのがエラが張っているケースです。基本的にはエラの骨を削る整形治療が行われますが、前段階として脂肪吸引で様子を見ることがあります。それで解消されない場合は、骨削りをします。エラを削るだけで顎にかけてのフェイスラインがすっきりするので、小顔になります。手術は口腔内を切開して行うので、表面に傷がつかないので安心です。エラ以外にも顎の骨を削る整形も多く行われます。骨削りが人気なのは、半永久的に小顔になれる点です。エラも顎も見た目のフェイスラインに影響を与える部位ですので、少し削るだけで大きな小顔効果を得られます。手術を受ける時に気をつけたいのが、美容整形クリニックの選び方です。大手のクリニックなら安心ですが、そうでない場合はどのくらいの治療実績があるのか調べる必要があります。ほとんどのクリニックが無料相談を行っていますので、不安な場合はそれを利用して自分の場合はどのような手術法が適しているかを確かめてみることが必要です。具体的にわかりやすく説明してくれるクリニックなら、安心できます。

顔を小さくする方法とは

医療

顔が大きすぎるという悩みを抱えている人は、美容整形クリニックに行って小顔治療を受けるようにするとよいです。たとえば、顔に余分な脂肪がたくさんついている人の場合は、脂肪溶解注射を打つ方法、脂肪吸引、高周波治療などがよく効きます。

詳細を読む

顔の大きさは気になる

美容整形

顔が大きくて悩んでいる人はとても多いです。周りと比べることもあり、小顔整形の人気が高くなっています。まずは、メイクやグッズで自分で改善してみましょう。それから美容クリニックで注射などで治療することを考えませんか。

詳細を読む

理想を叶える施術

相談

現在行なわれている小顔を作る整形術では、医師がカウンセリングなどを通じて本人の希望や問題の原因などを探ります。原因に応じて適したアプローチで、施術を行なうのが一般的なスタイルです。今後この手の整形術においては、医師の能力や質が重視されていくと考えられます。

詳細を読む

Copyright© 2016 小顔矯正でコンプレックスを解消しよう|理想のフェイスライン入手法All Rights Reserved.